FC2ブログ
畑の探求

明治物産㈱、渡辺の畑のコンテンツ内のブログです。 穀物相場に関しての最新情報をお届け。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大豆ショック再来か? 07/13

原油・穀物とも高騰している今ですが、日本では過去にオイルショックがあり若い世代の日本人にもその言葉は印象に残っているものだとは思いますが、過去に日本はオイルだけではなく大豆ショックが1973年にありました。当時、ニクソン政権下であった米政府が突然、日本への大豆の輸出を禁止したことにより日本国内の大豆価格が急騰した出来事です。オイルショックではトイレットペーパーの生産が止まりお店からなくなるという状態でしたが、大豆ショックでは豆腐や納豆が2~3倍に価格が上昇するという事態になりました。当時、日本で消費する大豆の96%は輸入に頼っており、その90%はアメリカから輸入されていたものであるため日本の被害はとても大きいものでした。なぜニクソン大統領が大豆の輸出を禁止すると声明したのかは、72年と73年は世界的な異常気象により各地で冷害や干ばつにより穀物が不足、大豆も需給ひっ迫となり米政府は米国内大豆価格の上昇を抑える為、さらにこの大豆価格高騰がインフレへと向かうこと防ぐ為に大豆の輸出を禁止しました。
その後、日本は国内生産を高めようとはせず、米国以外からの輸入を増やし、現在もヨーロッパや中国に続く世界の大豆貿易額の一割を占めます。
最近ではシカゴ大豆相場が高騰、国内大豆相場も高値を更新し続けています。バイオエタノール需要増加による穀物価格の上昇、ラニーニャ現象といった異常気象を考えると当時と同じような材料は揃っていると思いますので、悪い方向に働けば1973年の大豆ショックが再び起こるかもしれません。大豆ショックという最悪の事態は起こらなくても、穀物相場全体的な上昇は免れない状況ではないでしょうか?  山端秀和

 砂糖レポートはパスワードを入力してHP上でご覧いただけるシステムとなりました。
パスワードをご希望の方はこちらまでお気軽にどうぞ。相場に関するご質問・ご相談もお気軽に!

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hataketankyu.blog101.fc2.com/tb.php/87-c2391f66

 | HOME | 

当ブログのついて

このブログは穀物・食料事情について追求したコメントを掲載しています。
明治インフォメーション24 明治物産㈱
相場のご相談を24時間、フリーダイヤルにて相談受け付けてます。

0120-789-915


是非とも当社のHPをご覧になってください。

商品先物取引のリスクについて

砂糖レポート完成

プロフィール

山内 & 山端

Author:山内 & 山端
明治物産㈱本社営業部の山内と山端が更新していきます。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

最近のトラックバック

ブログ内検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。