FC2ブログ
畑の探求

明治物産㈱、渡辺の畑のコンテンツ内のブログです。 穀物相場に関しての最新情報をお届け。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球に優しいエタノールは家計を圧迫 06/14

燃料用エタノールを生産国は第一位が米国、第二位はブラジル、そして第三位が中国となっています。米国とブラジルはエタノール製造工場を新たに建設し年々増加していますが、中国では政府の認可を受けている燃料用エタノール工場4ヶ所に対し、エタノールを製造する原料のトウモロコシの使用を停止するよう政府が指示、また今後この4ヶ所以外の工場設備の建設は認可しないと発表しました。エタノールの原料となるトウモロコシなどの食料や飼料の値上りにより豚肉価格も値上り、中国では豚肉を食べる機会が多い庶民の家計に打撃を与えることを警戒して中国政府はエタノール生産などの新エネルギーの導入計画を見直しを始めました。今までトウモロコシを生産していた工場はセルロースなどの食物繊維食物、非穀物原料に転換する考えとなっています。しかし、技術的にはまだ研究中の段階であり早期の実現は不可能に近いそうです。よって今後は原子力や風力発電を一段と強化せざるを得ない現状となっています。中国国内では2006年の収穫量が過去最高の豊作でしたが、トウモロコシ現物価格はこうした供給逼迫懸念を背景に上昇し続けています。
米国も同じく食料価格は上昇しており、農務省の需給報告では世界の穀物在庫は1970年代以来の水準に落ち込む見通しです。昨日のブログでは小麦国際価格高騰について記載しましたが、トウモロコシの需要拡大を見越して小麦からトウモロコシに転作する農家も出ているとの声もありますので、小麦の土地を削ってまでトウモロコシを生産する程ですので小麦価格に追随するトウモロコシはいずれ、主導で穀物相場を動かす銘柄になるのではないでしょうか?
山端秀和

今月6月の30日に東京都中央区日本橋茅場町の鉄鋼会館にて投資セミナーを開催致します。講師に株式新聞Weekly編集長の櫻井英明氏、上武大学教授・経済学博士の高橋靖夫氏を迎え、他では聞けない面白い話を聞くことが出来ると思います。皆さんの参加お待ちしております。セミナーのお申し込み・お問い合わせは0120-789-915迄ご連絡下さい。

 砂糖レポートはパスワードを入力してHP上でご覧いただけるシステムとなりました。
パスワードをご希望の方はこちらまでお気軽にどうぞ。 
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hataketankyu.blog101.fc2.com/tb.php/66-2a648374

 | HOME | 

当ブログのついて

このブログは穀物・食料事情について追求したコメントを掲載しています。
明治インフォメーション24 明治物産㈱
相場のご相談を24時間、フリーダイヤルにて相談受け付けてます。

0120-789-915


是非とも当社のHPをご覧になってください。

商品先物取引のリスクについて

砂糖レポート完成

プロフィール

山内 & 山端

Author:山内 & 山端
明治物産㈱本社営業部の山内と山端が更新していきます。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

最近のトラックバック

ブログ内検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。